今日は散歩してきました!

最近運動不足だったので散歩に行ってきました(????????
ちょっと歩いただけでお腹が張ったので休憩してたら、猫が!!
多分野良猫だと思うんですが、お家には幼児も居るし私も妊娠中だし…
いつかれると困る!と思って目を合わせないように帰ってきました。

かわいそうなことしたかなぁ…
あ、後昨日は自分の親と久々にぶつかりました。

なんか、自分が親になるってなったら言いたいこと言われへんくなってきてて、あんなに揉めたの久しぶりだったかも。

あと20年とか経ったら私も子供と揉めるのかなぁ。

私に似た子供だったらいやだなぁ。

なんか似た者同士で喧嘩してもゴンズイ玉みたくなってぐちゃぐちゃになる気がして。

でもぶつかってくれる方がいいんかな。

なんも言えん関係の方が辛いと思んだよね。

昔の私がそうやった。

自分の力じゃどうしようもないとこまで意地はって頑張ってでも無理なってキーッ!って。

もっともっと器用に生きることができたらよかったのになぁ、って思うことがないことはないです。

まぁ、今が幸せやしいっか笑
不器用やから、今の旦那に会えたし、子供授かったしね笑

漫画アプリに夢中!

待ち合わせ時間より早くついちゃったとき、電車での移動中など、ちょっとした空き時間に、いままではスマホのゲームアプリで時間を潰していましたが、最近は無料の漫画アプリに夢中です。

私のイチオシは「マンガボックス」です。

進撃の巨人の4コママンガや、金田一少年のスピンオフ作品、なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?など他誌で現役連載している作品などが、タダで読めちゃうんです。

プロの作品なので、絵柄も綺麗だし、ジャンルもすごく広いので飽きが来ません!
一番のお気に入りは「蛙のおっさん」という作品です。

小学生の主人公は母子家庭で、きれいなお母さんと、なぜか顔だけ蛙のおっさん(お母さんとの関係は謎です)と、3人で暮らしているという謎設定な日常系?なギャグ漫画で、シュールさと面白さがたまりません。

最近はジャンプも「少年ジャンプ+」というアプリを出していて、過去の作品が無料で読めたり、今週のジャンプだけ1冊全部無料で読めたりなど、時間つぶしにはもったいないくらいです。

漫画すきな人には「漫画アプリ」、本当にオススメです!

学生時代からの大切な友達

今日は中学生の時から友達のお家へ1歳の娘を連れて、遊びに行ってきました。
友達は実家近くに住んでおり、私は隣の市に住んでいます。
学生時代の友達は、大半が利便性の良い大阪市に住んでいるので、我が家からは電車で片道小一時間ほどかかり、会いたいのですが、お互い小さな子供を抱えて気軽に会うことが難しいです。

今日遊びに行った友達は平日に会える学生時代の友達では数少ない友達の1人です。
友達暦20年以上。
中学、高校時代は毎日登下校も一緒で、大学生になっても頻繁に遊んでいました。
とてもしっかりしていて、グループ内では母のような姉のような存在です。
青春時代から社会人、そしてお互い結婚して母になり、一緒に過ごしたたくさんの思い出があります。

我が家の長男が幼稚園に行っている間に遊びに行ったので、時間はタイトでしたが、20年以上の心許せる友達なので、とてもリラックス出来て楽しかったです。
娘も私がリラックスしているのが伝わっていて、人見知りも場所見知りも無く、楽しそうに遊び昼寝もさせてもらいました。

普段はママ友さんと遊ぶことが多いですが、やはり学生時代からの友達と会うとリセットされるような充電になります。
年を重ねてもずっとこうして変わらず仲良くいたいです。
ノブ ACアクティブ

ダウンタウンDX

ダウンタウンDXと言う番組はいつも見ているわけではありませんが、時に見ます。

この番組は、毎回ゲストが様々でゲストとのやりとりがダウンタウンさんすごくうまいです。

例えば今日ならHKT48の宮脇咲良さんの絡みがうまかったです。
世代問わずツッコミ浜田さん!
今日なら、石原良純さんの走って走って走りまくるとか言いましたが、まっちゃんは、話しきいて話しきいて話しききなさいとか、前の人の面白い所を引き出すのがうまかったです。

芸能人の普段着ベスト10は今回はまさかの300円がおりました。

それは宮脇咲良さんのプライベート着です。
なぜなら靴下以外はもらいものだからです。

そして、カバンは指原莉乃さんから頂いたそうです。
全部がもらいものなんて珍しいですね。

名前は忘れましたがHKT48に、身長が170cmオーバーの子がいます。
その子も実は苦労してるそうなんです。

そう、他のアイドルみたいに小柄でないし、これ以上背が伸びたくないので寝る時間が深夜2時過ぎて寝てるそうです。

それは成長ホルモンを出さないようにするためです。

とにかく今日のダウンタウンDXも、お笑い芸人や演歌歌手、ざわちんとか濃いメンバーでした。

写真撮影のコツ

「写メ(写真メール)」付携帯電話がでてからはや10年。

いまや携帯電話に付属するカメラは、コンパクトデジタルカメラ並みの機能が備わっていて、美味しいご飯を食べるとき、友達とあつまったとき、きれいな風景を見た時、面白い看板を見つけた時など、普段から写真を撮る機会が増えました。

グルメアプリなどでみてみると、食事系のものを撮影するとき、全体のバランスがわかるように「引き」で写真を撮っている方が多いのですが、美味しそうにみえるのは実は「寄り」の写真です。

例えば「定食」なら、ゴハンやお味噌汁などの全体の写真もいいのですが、【美味しそう】にみえるなら、主食をアップで撮るのが一番。
アップで撮るときに、お皿全体を撮るのではなく、お皿がきれても料理が最大で写るようにすると、とっても美味しそうにとれますよ!
もちろん全体的な写真や、一緒に行った人とその人が頼んだ料理、店内の写真、お店の外からとった外装や看板の写真も一緒にとっておくとあとから見返すときに便利です!(一応お店の人に撮影の許可をとりましょう)
ぜひ一度おためしあれ!!!

ガリガリ君 シチュー味を食べました

先日発売されたガリガリ君 リッチ シチュー味がスーパーで売られていたので、買ってみました。

まずレジに2本アイスを持っていくと、レジの方が「あ、今度はシチュー味がでたんですね。この前はコーンポタージュ味でしたよね」と話しかけられました。

ええ、コーンポタージュ味ももちろん食べました。
こちらはブラジルの輸入食材店で販売されているコーンアイスに似ていましたが。

さて、味のほうはいかがでしょうか?

シチュー味のアイスは、真っ白なボディに中にかき氷フィリングが入っています。

さらに、その中にじゃがいもの粒が入っています。

アイスにじゃがいもって…。

味はしょっぱいような、そうでないような。
なんかコクっていうんですか、アミノ酸を感じます。

美味しくないわけではないだろうけど、知らない人が食べたら、びっくりすると思います。

悪くないけど、おなじガリガリ君なら、梨味のほうが一般受けするし、おいしいかなあと思います。

ただ、シチュー味というインパクトのある味を出したことは評価します。

ダブルでチョコチップ

今日は出かける用事もなかったので、家事をしたりぼんやりしたりで家の中にいたのですが、夕方になって無性におやつを食べたくなってしまい、近くのコンビニまで行ってきました。

コンビニってよく、プライベートブランドで100円均一のお菓子が置いてありますよね。
その中にあるチョコチップクッキーが最近お気に入りで、今回もそれ目当てで。

店内に入りとりあえずチョコチップクッキーを確保して、これ以外にも帰ったら何か食べなくちゃ、と思いながらレジに向かおうとしたその時!私の視角に別のチョコチップが…そう、チョコチップメロンパンが。

もともとメロンパンも好きなのですが、それに加えてチョコチップとは…!と、つい勢いでクッキーと共にレジに持っていってしまいました。

どんだけチョコチップに飢えてたのかしら、と自分でも可笑しくなってしまいましたが、帰ってどちらも美味しく戴きました。

ああ、ご馳走さまでした。

平塚七夕祭り

行って来ました、平塚七夕祭り。

日曜日は旦那が毎週お休みなので、人混み覚悟で行ってきましたー!
毎年の事ですが、平塚七夕祭り。

メイン通りは、いつ来ても、人、人、人。

人の波に揉まれながら、迷子にならないよう、必死に旦那にしがみついていました。

いやはや、若者がたくさんで、少し慄いたのは秘密です。

浴衣、甚平姿の若者がたくさんいて、嗚呼、夏が来るんだとしみじみ実感しました。

あの空気を満喫したかっただけなので、出店では焼きそば位しか買わなかったのですが、お祭りって良いですね。

七夕祭りなので、いろんな願い事の書かれた短冊、笹の葉が揺れて風流だなぁと和ませて頂きました。

人が多い分、ゴミの散乱が少し気になりましたが、警備の方々、地元のお店を営む方々が一生懸命その片付けに追われている姿も印象に残りました。

しばらくメイン通りを歩いた所で、私が人に酔いノックダウン。

ちょっと前まで、なんてことなく満喫出来たのにと、騒ぎながらも旦那に車へと強制連行されました。

現在妊娠8ヶ月。

安定期とは言え、一人身ではない分まだまだ無理は禁物だなぁと、反省しました。

あ、でも、七夕祭りは大満足でした。

帰りの渋滞にハマる感じも、お祭り帰りという感じでもなかなか楽しかったです。

何年かして、お腹の子が大きくなったらまた、平塚七夕祭りに乗り込もうと思います。

小学校プール開放監視員

子供の小学校は、7~8月の土日だけ、午前午後2時間ずつ、プールを開放し、子供達が自由に泳げるようになっています。
暑い日は、まさに芋洗い状態の大混雑で、水もかなりぬるいですが、子供達にはとっては楽しい時間なようです。

プール開放時間は、水難事故防止のため、当番制で4人の保護者がプール監視員を務めるのですが、私も当番にあたり、先週末監視員をやってきました。
見ていると、やんちゃな子達が水に沈めあって遊んだり、場合によっては危険な事もしていたり…。

でも、監視員をやっている私以外の保護者3人は、仲良しなのか、全く注意する事もなく、お喋りに夢中。
結局私1人で子供達にあちこち注意する羽目になり、注意した高学年の子供達に「あのババァだけマジうるせ~」と言われ…。

きっと、こんなんだから、プールの水難事故が減らないんだろうなぁ~と、実感。
にしても、知らない子供にババァって言われると、やっぱり凹みました。

平凡な日常こそが幸せ

ここ最近、ちょっとしたことが幸せだなと感じる瞬間が多くあります。
例えば、天気が良くて洗濯物がよく乾いたとき、旦那さんの寝顔を見ているとき、おいしいものを食べたときなど、例を上げると切りが無いほど沢山あります。
平凡な日常生活がすごく幸せに感じます。

そんな幸せいっぱいの私ですが、つい先日まではその逆で病院に通うほどではないものの、軽いうつ状態でした。
妊娠を機に専業主婦になり、家にいるばかりでなんの刺激もなく、元々外に出ることが好きだっただけに余計、つらく感じていました。

その状態が数ヶ月続き、ふと我に返って考えてみました。
そこで、これって幸せな悩みなんじゃないかということに気付きました。
確かに毎日同じことの繰り返しで話すのは旦那さんしかいません。
でも、だからこそ日常の平凡な生活に目を向けてみることにしました。
すると、自分自身の考え方が変わり、ちょっとしたことですごく幸せだなと思えるようになりました。
また、文章にして気付きましたが、そう思えることが何よりも幸せで充実しているんだなと感じます。