月別アーカイブ: 2014年2月

ユナイテッド対アーセナルはまさに激闘だった

プレミアリーグのユナイテッド対アーセナルの試合はは、最近になく激しいゲームでした。
アーセナルのGKのシュチェスニーがユナイテッドのジョーンズと激突して、数分間またく動かなくなった時はひやりとしました。
またユナイテッドのDFヴィディッチとGkのデ・ヘアが激突して、暫く脳震盪でヴィディッチが倒れていたのを見たのも衝撃的でした。
起き上がってからもヴィディッチは口の中から血を流していて、すぐにクレバリーと交代してしてしまいましたが、退場して医務室へ行く時も朦朧としていて、かなり苦しそうした。
両方とも普段はあまりお目にかかれないシーンではないでしょうか。
世界のトップクラスの鍛え抜かれた男達が気を失いかけ倒れるくらいの、激しい戦いをしていたのですから、最初から最後まで、私もテレビの画面に釘付けで楽しませてしてもらいました。
おそらくこの試合中にファンペルシーは怪我をしたのでしょう。
後日、日本とのテストマッチへの欠場が発表されました。
しかし彼は出ても疲労がたまるだけであまり意味はないと思うので、
いい休養になるのではないかと思いました。
香川は70分くらいまで出ていましたが、動きに切れがあって、だいぶかみ合ってきた印象でした。
しかし、巷ではトレードの話しで持ちきりで、なんとも皮肉な感じです。
監督も最近妙に優し気で、どうもほんとらしく思えてきました。

ガラスを割れない脱出用ハンマー

先日、ある気になるニュースがありました。

消費生活センターの調査で、
自動車の車内に閉じ込められた時にガラスを割って脱出するハンマーの内、
ガラスを割れない製品が売られていることがわかったそうです。

発表によるとテストした製品の内、
5つの銘柄でガラスを割ることができず、
逆にハンマーのほうが潰れてしまったそうです。

また別の銘柄ではガラスを割ることができたものの、
ハンマーにヒビが入ってしまったといいますから、
使い物にはならないでしょう。

昔はこういった製品はありませんでしたが、
近年になって売られるようになったために、
粗悪な製品も売られるようになったのだと思います。

ガラスを割れなかった製品はいずれも安い海外製だということですから、
安かろう悪かろうといったところでしょうか。

ここ最近は毎年のように異常気象が続いていて、
どこでゲリラ豪雨に遭うかわかりません。
1時間に100ミリというとんでもない数字をニュースで聞くこともあり、
車が水没してしまう危険性が以前よりも増していると思います。

脱出用ハンマーはそんな時に使うわけですが、
命の危険がある場面で使う道具にもかかわらず、
利益だけを追求して粗悪品を売る業者には憤りを隠せません。

消費生活センターではGSマークのついた製品を買うようにすすめています。
多少高くても検査に合格したきちんとした製品を買いたいものですね。

補助便座

子供のトイレトレーニングをそろそろ始めようと思いトイレの補助便座を買いました。
娘はそれが気に入ったらしく、する気もないのに「チッチ!」と言って何度もトイレに行こうとします。
トイレトレーニングの始まりなんてこんなもんだろう・・・と思ってはいたんですが、正直めんどくさい!
「おしっこしたくなった時に教えてね。」と言っても伝わるはずなく、トイレから離れようとせず、ぐずりだす始末。娘は現在1歳10ヶ月でトイレトレーニングを急いでいるわけではないので、早すぎたかな?なんて思っていました。
ですが、たまたま娘が力み始めたので、もしや!と思い急いでトイレに連れて行きました。
一緒に「うーんうーん」と力んであげたら娘の口から「出た!!!」(笑)
初、トイレ成功!!娘より私のほうが嬉しかったです。
明日からも娘との闘いの日々ですが、頑張ろうと思いました。