平凡な日常こそが幸せ

ここ最近、ちょっとしたことが幸せだなと感じる瞬間が多くあります。
例えば、天気が良くて洗濯物がよく乾いたとき、旦那さんの寝顔を見ているとき、おいしいものを食べたときなど、例を上げると切りが無いほど沢山あります。
平凡な日常生活がすごく幸せに感じます。

そんな幸せいっぱいの私ですが、つい先日まではその逆で病院に通うほどではないものの、軽いうつ状態でした。
妊娠を機に専業主婦になり、家にいるばかりでなんの刺激もなく、元々外に出ることが好きだっただけに余計、つらく感じていました。

その状態が数ヶ月続き、ふと我に返って考えてみました。
そこで、これって幸せな悩みなんじゃないかということに気付きました。
確かに毎日同じことの繰り返しで話すのは旦那さんしかいません。
でも、だからこそ日常の平凡な生活に目を向けてみることにしました。
すると、自分自身の考え方が変わり、ちょっとしたことですごく幸せだなと思えるようになりました。
また、文章にして気付きましたが、そう思えることが何よりも幸せで充実しているんだなと感じます。