小学校プール開放監視員

子供の小学校は、7~8月の土日だけ、午前午後2時間ずつ、プールを開放し、子供達が自由に泳げるようになっています。
暑い日は、まさに芋洗い状態の大混雑で、水もかなりぬるいですが、子供達にはとっては楽しい時間なようです。

プール開放時間は、水難事故防止のため、当番制で4人の保護者がプール監視員を務めるのですが、私も当番にあたり、先週末監視員をやってきました。
見ていると、やんちゃな子達が水に沈めあって遊んだり、場合によっては危険な事もしていたり…。

でも、監視員をやっている私以外の保護者3人は、仲良しなのか、全く注意する事もなく、お喋りに夢中。
結局私1人で子供達にあちこち注意する羽目になり、注意した高学年の子供達に「あのババァだけマジうるせ~」と言われ…。

きっと、こんなんだから、プールの水難事故が減らないんだろうなぁ~と、実感。
にしても、知らない子供にババァって言われると、やっぱり凹みました。